Excelへの書き込みの速度、リンクされた図があると非常に遅くなる

VB.NETでExcelファイルへの書き込み処理をする場合、

そのExcel内に「リンクされた図」があり非常に遅くなった。

欄外に合計欄(SUMなど)の領域を作って、

それをリンクされた図で配置することによって

明細行のセルや幅の影響を受けずに配置できて便利だったが、

10秒以内で処理できたもの(100行程度)が

5分以上かかるようになった。

この解決のため、リンクされた図はすべて削除し、

VB.NETで合計欄の「画像」を貼って速度を元々の10秒程度まで戻した。

画像なのは、おそらく現在の仕様ではプログラミングでリンクされた図を出力できないため。

本来の理想としてはリンクされた図を出力できた方が良い。将来に向けた課題。

なお、Excelでの帳票出力は、取り急ぎ作るのは簡単で出力後も加工できてメリットもあるが、速度的な問題になりやすい。

大量のデータの場合はPDF形式(ActiveReportなどで)にするべきである。

Excel帳票で40分以上かかっていた処理が

PDFなら数秒で出力できたりもする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です