パソコントラブル時の対応メモ

○パソコンの電源がつかない
・デスクトップ・ノートパソコン共通
静電気が帯電している可能性あり。電源を切って、コンセントを抜いて、長時間放置したりアースしてみる。

最近追加したUSB機器などがあれば外してみる。できるだけ外してみる

・ACアダプタ・電源ケーブルが故障している場合もあるため、ケーブルを伸ばしたり、高い位置にしたり、角度を変えるなどしてみる。

・パソコンの故障原因のほとんどはホコリのため、掃除する

・デスクトップパソコンの場合
電源ユニットの寿命の可能性あり。パワーダウンしただけなら、外付HDDなど電力を使うものを抜いて試してみる
マザーボードのボタン電池が切れている可能性あり。電池交換。

電源ユニットは少しずつ性能が落ちていきます。出力が足りなくなってファンしか回らなくなったりするのも劣化による現象です。

電源ユニットには80PLUSという認証がありますが、これは変換効率80%以上のものです。入力が500Wでも出力が400Wです。入力300Wなら出力240Wです。パソコンは作業内容によりますが普通のデスクトップの事務作業なら100くらいだと思いますが、経年劣化によって必要なW数を下回る時に電源原因でパソコンが起動しない現象が起きます。

・ノートパソコンの場合
バッテリーが寿命の可能性あり。バッテリーを抜いて電源ONできるタイプなら抜く。

結露が溜まりやすい環境であれば、中に水が溜まって水没していることもあります。

○プリンタでプレビュー画面の起動が遅い
・不要な共有プリンタを参照している可能性あり。削除で対応

○インターネットが繋がらない
・無線LANルーター、NTTのGPONなどの電源を一度切って、5秒以上間を空けてから付け直す

・NTT基地局側が原因の場合もあるので113に電話してみる

・LANハブ(分配機)だけが壊れている場合もある

・LANハブを使用している場合、ケーブルの刺し間違えでハブから出ているケーブルを同じハブに刺してループしている場合がある

〇NASに繋がらない
・SMB1.0で接続していた場合は有効にする(Windows Updateで無効になることがある)
・ネットワーク探索を有効にする
・regeditで HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters の AllowInsecureGuestAuth を 1 にする

 AllowInsecureGuestAuth が無い場合、右のペイン上で「右クリック」→「新規」→「DWORD(32ビット)値」
  新しい値***のようなものが追加されるので、「AllowInsecureGuestAuth」へ変更し、AllowInsecureGuestAuth をダブルクリック→「1」

〇Azureファイル共有に繋がらない
・ポート445をルーターがブロック・フィルタリングしていないか確認する
・regeditで HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa > LmCompatibilityLevel が0,1,2の場合は3にする
 ※NTLM(NT Lan Manager)
 ※以下でも設定可能
 「スタート」→「コントロール パネル」→「管理ツール」→「ローカル セキュリティ ポリシー」→「ローカル ポリシー」
 →「セキュリティ オプション」→「ネットワーク セキュリティ: LAN Manager 認証レベル」
 → 3:NTLMv2 応答のみ送信する

〇パソコンは起動しているがディスプレイに何も映らない
・他のディスプレイに交換してみる
・他のHDMIケーブルを交換してみる

〇インターネットエクスプローラーが強制終了する場合
・まずこれだけ試す→GPUレンダリングを無効にする ※インターネットオプションの詳細
・サードパーティ製ブラウザ拡張を無効にする→サードパーティー製セキュリティソフトが止まる可能性があり用途次第では無効にできません
・設定を初期値に戻す(IEの設定をリセットする)→クッキー・パスワードなど再入力が必要になる場合もあるので事前に要準備
・(最終手段)IEの再インストールを行う

〇その他共通
・Windows Updateが原因で問題が起きることも多々あります
過去の例
印刷物が部分的に白くなって全体を印刷できない
Access VBAが突然動かなくなった
(旧バージョンで動作していたコンポーネントの廃止
全角半角カタカナの内部自動変換の廃止など)

・ディスク容量が突然足りなくなった場合は、ウィルス対策ソフトなどの不具合の場合もあります。
どのフォルダがディスク容量をどれくらい使っているかCドライブ直下からそれぞれ確認してみる